Translate

キーワードでブログ内を検索

読込中...

2014年9月3日水曜日

iPhone5のバッテリー交換プログラム開始!バッテリー不具合がある人はまずチェックして

こんにちは、先走って自分でバッテリー交換をしたyutaka(@goyutaka)です。

先日、自分で格安にバッテリー交換してから約20日後にアップルからiPhone5のバッテリー不具合による無償交換プログラムが始まり、残念な感じです・・・



【関連記事】
一年半経過のiPhone5のバッテリーを自分で交換!激安&快適になったよ

自分のiPhone5は対象か検索!

「iPhone5バッテリー交換プログラム」はAppleの公式サイトで、自分のiPhoneが対象か確認できます。

iPhone5バッテリー交換プログラム

2012年9月〜2013年1月に販売されたものが該当するようです。

現象としては、駆動時間が極端に短くなったり、頻繁に充電が必要になるものです。
私のも、まさしくこの現象でした。

そして、公式ホームページに飛ぶとシリアル番号を入力する事で簡単に調べられます。
青枠にシリアル番号を打ち込んで「送信」です。
シリアル番号は「設定」→「一般」→「情報」で表示できます。


「送信」すると、対象製品に該当すると青枠下に「・・・本プログラムの対象と・・・」のメッセージがでます。
私のは対象でした。


【補足】iOS診断をしてみる※9月4日追記

追加情報で、上記の対象機種でも不具合が無い場合は交換対象にならない可能性もあるようです。

間違いなく、バッテリー異常の症状が出ているのであれば、交換可能かと思いますが、不具合があるのかどうかわからない場合は、
iOS診断」を利用してみましょう!

上記リンクに行くとやり方が細かく記載してあります。

尚、診断時に必要なものは
・診断したいiOSデバイス
・そのiOSデバイスで送受信可能なメール
・パソコン、iOSデバイスともに通信にアクセスできる環境
・パソコン

という事で、PCが必ず必要になりますのでご用意下さい。
診断はせず、まず店舗に行く!という人は次の「交換手続きは?」の項目を読んで下さい。

交換手続きは?

対象になった場合は、アップルストアに行くか正規サービスプロバイダという認定の量販店やiPhoneショップに行くと良い様です。

アップルストアが近所に無い!という人は是非「正規サービスプロバイダ」を検索してみてください。
意外と近所の量販店などがあるかもしれません。
私は、こんなシステムがあるとは全くしりませんでした。

ちなみに、先ほどの「iPhoneバッテリー交換プログラム」のページにも「正規サービスプロバイダ」を検索できるページのリンクもあります。

まとめ

iPhone5を持っていて、私のようにバッテリー切れに悩まされている場合は、まず調べてみましょう!

私の様に店に行ってる時間が無い、や、時間に間に合わない場合は保障が無くなる事を覚悟の上自己責任にて、自分で交換してみて下さい。

ちなみに、私のiPhoneは自分でバッテリー交換後順調に使えております!


最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram