Translate

キーワードでブログ内を検索

2015年1月8日木曜日

クレベリンを使った効果検証!インフルエンザになった我が家の結果 #クレベリンモニター

こんにちは、年末年始にインフルエンザでダウンしたyutaka(@goyutaka)です。

ラッパのマークの大幸薬品さんの「クレベリンモニターキャンペーン」に参加しております。
約1ヶ月我が家に置いてみた結果を報告したいと思います。


この時は元気だったのでジョキンジャーになりきった長男ですが・・・


【関連記事】
クレベリンの効果!

結論から言いますと、「ある程度の効果は発揮」されたと思っております。

と言いつつ、4人家族の我が家で年末に続々とインフルエンザにかかりました。
最初は長男がかかり、その1週間後に次男、その次に私がかかり合計3名かかりました。
それで結果が出たと言えるのか?という点について私なりの考察。


【第一患者の長男】
これは完全に小学校でうつったと想定されます。
学校から帰ってきて徐々に調子が悪くなり、翌日発症。
外部からウィルスを持ち込みました。

【第二患者の次男】
これは仲良し兄弟の長男と一緒にいた為に「飛沫」&「接触」感染にてウィルスがうつり発症。

【第三患者の私】
私の場合は怪しいの感染源が2点あります。
1.職場の人が完全に発症していて、打ち合わせに同席してしまった。
2.感染した次男の食事を途中でやめて、手をつけていないおかずを食べた。
この状況が2・3日の間で起こった事象でその後発症。
ちなみに予防ワクチン接種は私だけです。

【非感染の妻】
連続して2週間患者が常に家にいる状況のなかで、妻には感染しませんでした。
かなりウィルス濃度が高い環境だったと想定されます。
もちろん患者側にマスクをしたり飛沫防止対策はしておりますが。

クレベリン・ゲルを設置していたのは居間ですが、子供達2人は常時居間で寝ている状況でもちろん看病の妻も居間にいる時間が長い状況でした。

この状況を総合的に考えると、同じ空間にいた妻に感染していないという点は「空間除菌」の効果が発揮されていたと私は考えます。
あくまで状況を見ての私見ですが。

【関連記事】

設置場所は?

長時間いるエリアに設置するのが良いと考えて居間に設置。
高い所に置く事で広範囲にカバーできると考え、設置高さが2Mくらいの本棚に置きました。


その後誤って落下させた事によって、漂白剤臭がキツイと妻が言ったこともあり設置場所を一度洗面所に移動しております。

残念ながらその洗面所に設置中に長男がインフルエンザにかかった為、再度居間に設置し、放出量が最大になるように蓋の調整穴を最大にしました。

臭いに関しては、鼻の敏感な妻はやはり漂白剤臭が気になると言っております。
私が落下させた事もあるのですが、設置からある一定期間は臭気濃度が高くなる時期があるのだと思います。

気になる場合は、スリットを締め気味にして放出量の調整をしてみて下さい。

【関連記事】

まとめ

3人のインフルエンザ患者は出たものの一家全滅は避ける事ができました。
ウィルス自体はどこでもらってくるかわからない状況ですし、クレベリンを設置したからと言って完璧にウィルスをシャットアウト出来る訳ではありません。

この結果をみると、クレベリン・ゲル設置空間にインフルエンザ患者と罹患しなかった妻が一番長時間この空間に居た訳です。
私が完治してから約1週間経過した現在で妻への感染は無い状況ですので、クレベリンを設置する事によって「ある一定の効果が出た」と思っても良いのではないでしょうか?

「信じるか信じないかはアナタ次第です!!」

最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram