Translate

キーワードでブログ内を検索

2016年1月24日日曜日

好き嫌いが二分する玄人好みの豚丼店!帯広でしか味わえない独特のウマさ


こんにちは、ゆたか(@goyutaka)です。

仕事で帯広に行ってきたのですが、前回の旅行では豚丼を食べる時間が無く断念しましたが、今回は行ってきました!しかも「黒い」豚丼です。
帯広には2店舗ほど「黒い」豚丼を提供するお店があるのですが、「新橋」さんに初めて行ってきましたよ。


この黒い豚丼は、好みが極端に二分する味ですが、私はこの味がふとした時に「また行きたい」と思わせる独特のウマさなんです。
【関連記事】

黒い豚丼

最近は炭火焼の豚丼店が多いですが、こちらは昔ながらの「フライパン」焼きで豚肉とタレを絡めていきます。
この焼き具合というか焦がし具合が、このお店の特徴!

肉の盛り付けが、山のように積み上げているのも特徴なんで、隣の味噌汁もあふれそうなくらい一杯入っております。
これは肉が多めの「肉盛り」です。


一般的な豚丼店に行くと下の写真のような感じが多いかな?
上の「新橋」さんの豚丼の黒さと盛り付けの違い、わかりますよね?

参考写真
黒さと独特の照り!


そして大事なのは、この黒いタレがほどよくごはんに浸みているのがポイント!
意外とごはんにタレが絡んでいないお店もあったりするので、そういうお店に行くと残念な気持ちになってしまいます。


この黒い豚丼、何が違うかというと味が全然違います。
豚丼といえば「甘辛い」というタレの味付けが一般的ですが、こちらは「苦甘い」という表現になりますね。
焦げたほろ苦さが、この黒い豚丼の味わいなんです。

が、これが苦手な方もたくさんいるので、ハマる人はハマるしダメな人は「もう行かない」というくらい極端。
私は大好きですが、うちの妻はダメだそうです。笑

お店はコチラ!

帯広駅から少し距離はありますが、徒歩でも行けます。
駅前通りを北上して東に入るので、位置的にはわかりやすいです。



外観はこちら。
昔ながらの大衆食堂的な趣です。


そして店内はテーブル席と小上がりがあって、カウンター奥ではこのお店のご主人がフライパンを振っております。


お店に入ると独特の「いらっしゃいませ」の喋りがあるので、圧倒されずに席についてください。
お味噌汁はセットではないので、お好みで。
お店の人が、オススメを結構一方的に言ってきますが、自分の食べたいものだけオーダーしてくださいね。笑

上の方の写真のお味噌汁は「なめこ」でしたが、下の写真は「とうふ」です。
こちらも同じくこぼれそうなくらいの盛り付けですよ。
豚丼の肉盛りは¥900で、とうふの味噌汁が¥100ですので、こちらのセットなら¥1,000となります。


さいごに

普通の豚丼は少し食べ飽きた!と思われている方は是非一度食べてみてくださいね。
好きになるか、もう行かないかはアナタ次第です。笑

あまりコッテリしているのがダメという人は、意外とこの「ほろ苦さ」がハマるかもしれませんよ。


十勝の豚丼を食べに行くのなら、豚丼専門のサイト「BUTADON.COM」をチェックしてから行っていてください。
提供は十勝の情報を一番知っている「十勝毎日新聞社」、通称「勝毎」ですので、お好みのお店が検索できると思います。

ちなみに黒い豚丼はこちらの「新橋」さん以外では「鶴橋」さんもあります。
次回はそちらに立ち寄りたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram