Translate

キーワードでブログ内を検索

2016年3月10日木曜日

バギーのTT-02Bの標準ダンパーステーが柔すぎ!?FRP製に交換してみた


こんにちは、ゆたか(@goyutaka)です。

先日バギーのRCカー、TT-02Bを組み立てしたのですがツーリングカーのTT-02より柔らかめの樹脂部品が多いな〜と感じておりました。
ダンパーステーも標準だと柔らかい部品なんです。


ダンパーステーが柔らかいとロールしたりジャンプしたりした時にスプリングの強さで押されてステーが曲がっており、これってスプリングとかダンパーオイルの硬さを変えてもなんだか帳消しにされている感じです・・・



キット標準ダンパーステー

組み立ていると、この柔らかさマジか!と感じながらもとりあえず組み立。
荷重を掛けていない状態が下の写真です。


ちょっとわかりづらいですが、リヤ部分を下に押してみるとダンパーステーがスプリングの強さで負けて上向きになります。
少しねじれが入った感じで曲がります。


ダンパーを外す時もこのパーツがねじれるので外しにくいんです。


写真では分かりにくいですが、やってみるとすぐわかります。

スプリングをハードとかソフトとか交換しても、ここのクッション性で台無しになってる感が大有りです。
この曲がりも設計に入っているんだろうか?笑

ダンパーステーを交換!

タミヤのオプション品で交換します。
フロントもリアも交換ですが、ツーリングカーのTT-02のダンパーステーはカーボンでしたが、TT-02B用はFRPでできております。



このダンパーステーに交換するとアッパーアームもターンバックルタイプに交換になりますのでキャンバー角の調整も可能です。


さいごに

硬いパーツに変わりましたので、押しても全く変形せずダンパーが適切に効いている感があります。

なぜ標準キットがあの柔らかい樹脂なのか疑問は残りますが・・・


ダンパーの取り付け位置もフロント・リヤ共に3箇所調整穴がありますのでこの辺のセッティングも可能になります。


今年からバギーも手に入れたのでツーリングカーとは違った楽しみをしてみたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram