Translate

キーワードでブログ内を検索

2017年6月29日木曜日

BenQのデザイナー向けディスプレイ「PD2700Q」のファーストインプレッション #BenQアンバサダー

普段のPC作業で文書や写真を扱う事が多く、良いディスプレイが無いかな?と思っていたところ、今回BenQアンバサダーの企画で製品モニターとして「PD2700Q」をお借りする事が出来ました!

今回は、開封組み立て~ファーストインプレッションを中心に今回は記載致します。


【関連記事】

デザイナー向けディスプレイ

こちらのPD2700Qは製品の特徴として「デザイナー向け」と謳っており、色空間を選択できたり高解像度で表示できる仕様になっております。

BenQ PD2700Qの主な製品仕様

・サイズ  27インチ
・解像度  2560×1440
・色表示  フルカラー約10億7000万色
・パネル  IPSパネル+LEDフリッカーフリーバックライト

詳しくは公式サイトで御確認ください。


開封~組み立て

27インチディスプレイですので、それなりに大きいので組み立てが面倒そうだな?と少し躊躇するかたも多いかと思いますが、組み立てもめちゃくちゃ簡単にできるように作られております。


開梱してパネルと台座を取り出ししてみました。
パネルにはアーム(支柱)まで最初からついている状態となっており、部品構成が極めてシンプル。


27インチの筐体を支えるためのアーム(支柱)と台座は金属が入っており、しっかりとした作りになっています。
台座の取付はアーム(支柱)にはめ込み式で、若干回転させながら固定位置にセットします。


最後に台座裏のネジ部分を締め込みする事で完成!
工具も不要で組み立て可能です。


ファーストインプレッション

私のデスクに設置するとこのような形で納まりました。


PCはSurface Pro4を使用しており、HDMI端子で接続しております。

ディスプレイの高さや傾きも片手で操作できてそのまま固定されるので、作業状況によって簡単に微調整可能なのも良いです。

ディスプレイの十分に活用するためのドライバーは公式HPから簡単にダウンロードできます。


ドライバーをインストールする事で様々な機能が活用できるようになりますが、まず試してみたのは「デュアルビュー」というカラーモードを分割できる設定。

下の写真では左をsRGBモードで写真現像の作業を表示、右をブルーライト軽減モードでWEBページを表示。


27インチの大画面であれば、分割してそれぞれ最適な色空間表示で作業が可能になりますよ。
これは、かなり驚きの機能でした。

さいごに

こちらの製品を8月上旬までモニターさせて頂きますので、また改めて使い心地をレポートさせて頂きます。

BenQは高性能・高機能な製品をお手頃な価格で販売しておりますので、是非チェックしてみてください。

こちらの製品も実売価格¥48,795(記事執筆時点)ですので、かなりコスパが高いのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram