Translate

キーワードでブログ内を検索

2017年7月31日月曜日

安くて明るい単焦点レンズが欲しくてたどり着いたオールドレンズの世界

趣味や仕事で写真撮影をしているのですが、写りや被写体との間合いなどが心地よいので単焦点レンズをメインに撮影活動しています。

明るくて安い単焦点レンズが無いかな?と探していてたどり着いたのがオールドレンズの世界。
レトロな写りが・・・とか、そういう正当な方向感で入っていないのですが、これもありですかね。笑


【関連記事】


オークションで安く手に入れる

手に入れたオールドレンズ全てオークションを通じてです。


現在、M42のレンズ4本とPENTAX-MというKマウントが2本で合計6本。
下は¥1,000、上は¥8,000という価格ですので6本合わせてもかなり安いと思います。

今回購入したのは全て単焦点レンズで比較的明るめのものです。
それでもf1.8とかですので最近のAF用のf1.2とかには負けますが、数千円で手に入るなら面白いでしょ。


オークションなのでレンズの状態がわかりにくい場合もありますので、ホコリ・カビ・傷が気になる場合はおススメしませんが、私の場合はお試しで使ってみたいという興味の方が強かったので。

M42レンズをつけてみる

レンズを取り付けるマウントが、そもそもネジ式のマウントなのでそのままでは装着できません。

M42用のマウントアダプターが出ているので、まずそれを取り付けます。


マウントアダプターが装着できたら、ネジ式のレンズをグリグリと回して取付します。
なんか壊しそうで怖かったですが、慣れれば大丈夫です。


装着完了。
レンズのサイズが違いますので、マウントの金属部分が見えてしまいますが。


マニュアルで撮影を楽しむ。

オールドレンズはマニュアルでフォーカスを合わせて撮影しますので、撮影のテンポも独特な感じ。


風景を感じながら、じっくりと撮っていきます。


結構きちんと写りますよね。
カリカリの解像感にはなりませんが、普通に撮れます。


さいごに

オールドレンズ独特の雰囲気が撮りたくて・・・というような方向感からは入りませんでしたが、使ってみるとオールドレンズの楽しさが沸いてきます。


今回は、「オールドレンズはじめました」的な軽い内容で書きましたので、また別な機会で詳しく書いてみますね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

さわだゆたかのSNSをフォロー!

Instagram