DJI Mavic Miniを購入後、飛ばす前に絶対やっておきたい事!墜落してからでは遅い

日本でも航空法規制対象外の199gのドローンMavic Miniが販売されましたね。
私も購入て、Fly Moreコンボでしたので発売日から待ちましたが手元にやっと来ました。

一応報告しておくと、フライト初日に木に接触して枝にドローンが巻き付いてしまう現象が起きました。
夢でしょうか?笑


喜んで早速飛ばしたい所ですが、その前にやっておきたい事を書いてみますね!
アクティベートもしないで、まず読んで下さい!!

1年間機体修理交換保証サービス

店頭では案内されなかったり、ネットで買うとそもそも存在を知らない方も多いと思いますが、「DJI Care Refresh」というサービスがあります。
私も全然しらなくて、ドローンの保証を探していて見つけました。

機種ごとに価格が決まってますが、Mavic Miniでしたら¥4,400で1年間保証対象になります。


正常使用時に機体故障や破損が発生した時に、追加費用で修理もしくは交換を行ってくれます。

水没時も機体回収ができていれば交換対象になるようです。
但し、明らかに飛行に適していない状況下での破損は対象外になりますので、まずはDJIのサイトで確認してみて下さい。

初回交換は¥4,690で2回目は¥5,500との事ですので、Mavic Miniをもう1台購入する費用に比べると段違いに安いですよね!

注意点は、購入後既に飛ばしてしまっている場合は加入できません!
アクティベートしてから96時間以内の機体ならまだ大丈夫ですが。。。
購入してまだ4日経過してなければ間に合います!!

申し込みや保証の詳細はDJI正規HPもしくは下のリンクの認定ストアから可能です↓


保証に関するFAQはコチラ

無料の賠償責任保険

DJIには無料で賠償責任保険が付帯しています!って言っているのですが、あまりきちんと説明されていなくて買ったらそのままで良いのか?すらアナウンスが無いしHPにも書いてないですよね。

パッケージに同梱されている折りたたんである小冊子に書いてあるの気づきました?


これ結構気づかないで飛ばしている人居るのでは?

しかも登録しないと、保険適用できませんと書いてあります!

エアロエントリーのドローン保険のHPに行ってすぐに登録しましょう。
DJI公認ドローン保険で、「無償付帯賠償責任保険」です。
対人賠償は1億で、対物は5,000万ですので、しっかりした保障になっています。


対象機体など記載がありますが、Mavic Miniもモチロン対応しています。


1台目の人でしたら新規アカウントで登録を行います。


あとは画面に従って順番に入力して下さい。


登録が完了すると、きちんと保険証券がメールで届きます。
ドローンと一緒に持ち歩くのが良いと思います。

もし万が一の場合は、WEBにて事故申請を行って対応して頂くようです。

この保険は1年間だけ無償ですので2年目以降は有償プランを選択して保証を続けることができます。
若干内容が変わるようですが、最低保険料は¥8,400になりますね。

ちなみにフリーランス向けの無料賠償責任保険が付帯したサービスがこちらの記事で紹介をしておりますので、一度見てみて下さい。
ドローンでの墜落での人身事故にも対応しています。


ドローン飛ばされる人は写真・映像クリエイターをフリーでやっている方も多いでしょうから、お得なサービスです。

さいごに

どうしても海外製品って日本製品のように親切丁寧な説明も少なかったりと残念な面もありますので、自分で諸々しらべて楽しむのも必要になりますね。

Mavic Mini、早く手元に来たら飛ばしたい!!
という気持ちも高いかと思いますが、2つの保証・保険を今一度確認してから安全なフライトで楽しい思い出を作りましょう。

事故が起きてからでは、遅いですし賠償責任は重いものになってしまいます。


最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!