「つくる人を応援」BOOK LAB TOKYOが渋谷にオープン!1万冊の新刊とハンドドリップコーヒーの空間


こんにちは、ゆたか(@goyutaka)です。

「つくる人を応援する」をコンセプトに、6月25日渋谷にオープンする「BOOK LAB TOKYO」さんのメディア向け内覧会に呼ばれてもいませんでしたが、正式な手続きのうえメディアとして行ってまいりました!


もちろん私もエンジニアで「つくる人」ですので、実際に私が行って利用できるかな?という点で見てきましたよ。
【関連記事】


新刊約1万冊の「つくる」本

「BOOK LAB TOKYO」さんは本屋さんなんですよね。
それも「つくる」本に特化した品揃え。

店内を見回すと、下の写真手前側がカフェスタンドになっており、半分から奥側が本棚になっています。


1万冊もあると結構な量なんですね。
この1万冊も運営発起人たちが選書したものというのもポイント。
キャンプファイヤーで資金調達もしておりますので、そちらも是非確認してみてください!


さて品揃えですが、「つくる」と言えば理系!という事で建築系であったり、


お!デザイン系もありますね。
Photoshopは私も毎日使っていますが、やっぱり本で使い方を確認したくなる事も多々あります。


他にもIT系もたくさんありますが、「料理」も「つくる」分野にはきちんと入っているようで料理本もあるという面白さ。


他にビジネスの実用書も置いてあります。
エンジニア系のスタートアップなどには非常に勉強になりますよね、こういうビジネス系は。


カフェスタンドで美味しいコーヒーを♪

カフェスタンドが併設されておりますので、コーヒーを飲みながら技術書を眺める!という事ができます。


今まで私は技術書を探すときはジュンク堂池袋店を利用していますが、座るところはあってもコーヒー飲みながらとはいきませんでしたので、これは良いかな。
あとTSUTAYA書店のスタバ併設店に行くと激混みで大体ゆっくり本を見る事が出来ない・・・

というところで、書籍のラインナップを絞ったことでコチラは利用しやすくなるかな〜?と少し期待しています。

で、早速コーヒーをお願いしました。
今回は写真左のマンデリンの豆です。


こだわりのハンドドリップでの提供となりますので、ミルでその場で豆を挽きますのでいい香り♪


蒸らしてから本抽出に。
という事で、提供までは多少のお時間が必要ですがしばしお待ちを。


出来上がったコーヒーを片手にソファースペースで店内の様子を見ながら美味しいコーヒーを頂きました。
この後、しばらくしてから先ほどコーヒーを入れてくれた店員さんが声をかけてくれたりと気さくな雰囲気も良かったです。


夕方からはアルコールの提供も可能との事で、ビールとワインも数種類提供されそうです。

ちょっと一杯アルコールを飲みながらの打ち合わせもありですね。


カフェスペース

カフェスペースは40席との事ですが、今日の内覧会では一部撤去していたようです。
ソファーにローテーブルのスペースの他にもハイチェアーのデスクもあり電源とWifiも完備。
Wifiは工事の関係でオープン日の翌日くらいからの運用開始の予定。



コンセントにはUSB端子付きもありますので、デジタルガジェットの充電に活用できますね。


技術書があって、美味しいコーヒーもあって電源とWifiが完備されていたら、私的にはちょっとした調べ物をしながら作業をする&打ち合わせで利用するなんて使い方が非常に有効な気がしております。

店舗の貸切も可能でイベント開催もできるようになっておりプロジェクター&スクリーンも完備されております。
書店スペースでのイベントってちょっと楽しそう♪

アクセス

こちらのBOOK LAB TOKYOさんは渋谷の道玄坂にあるのですが、ちょっとわかりにくい場所にあって隠れ家的。
貸会議室などのフォーラムエイトさんの隣になります。


新大宗ビル1号館の2階で、道路側からは全くわからないのでちょっと見逃しちゃうかも。


道路面には看板はありますので、こちらを目印に行ってみてください。


最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!