投稿

注目の投稿

【完全初心者向け】稼げるドローンパイロットの始め方【4日で開始できる】

ドローンで仕事をしてみたいと考えている人。
やってみたいけど、どこから手を付けて良いかわからない人。

こういった疑問に答えます。


この記事はガチで仕事につなげてみたいと考えている人向けです。
「少し飛ばして空撮してみたい」や「トイドローンで遊びたい人」向けではありません。

ちなみに私は映像クリエイターとして自分で使用する空撮映像を撮影するという限定的なドローンパイロット(国交省 全国包括申請承認済)をしていますが、実際にドローン経験者として取材してみて本記事を書いております。

目標設定:ドローンで稼げるようになる
目標設定は「ドローンで稼げるようになる」で良いと思います。

すでに目標設定が出来ているのであれば、それで良いと思いますが、私はドローンパイロットという技能は「人生を生きやすくするツール」なので、基本的な考え方としては「ドローンパイロットという技術を使って、人生の難易度を下げよう」でいいかなと思います。
目標金額設定:まずは月5万 ここで断言しますが、ドローンパイロットで月5万円稼ぐ事は簡単です。

✔ドローンパイロットで「月5万円稼ぐこと」が簡単な理由。 参考までに仕事の情報を貼っておきます。
ランサーズというクラウドソーシングのサイトでの募集ページです。
クライアントの予算が50,000~100,000円となっています。


こういった案件は特殊技能なのでその後の継続案件にもつながる可能性があります。

尚、ドローン案件は2016年と2019年を比較すると5倍くらいに増えているとの調査報告が上がっており、これから先も右肩上がりに成長予想されている分野です。
参考:ドローンビジネス調査報告書2019

案件についても多種多様でして、パイロットとしての経験が蓄積されると収入も増えやすい構造になっています。
特にドローン=空撮みたいなイメージがありますが、建設業でのビルや家屋点検やインフラ点検、測量、その他農業分野やソフトウェア開発に伴うテストパイロットなど多岐に渡っています。

環境準備:ドローンスクールに入校すればOK
「自力で飛ばせたらダメなんですか?」と聞かれる事もありますし、私は一応自力で飛ばせるようになりましたが、クライアントワークはしていません。

結論:ドローンスクールに通うべし 本当にドローンで稼ぎたいなら絶対に行くべきです。

✔ドローンスクールがオススメな理由…

会社を辞めたいが言い出せない!を解決する退職代行サービス3選

転職回数13回の私がぶっちゃけ語る「多いのは不利なのか?」と年収アップのその方法

DJI Mavic Miniを購入後、飛ばす前に絶対やっておきたい事!墜落してからでは遅い

副業・フリーランスカメラマンなら絶対に準備したい機材のほかの「たった1つ」の事

副業や個人事業主の確定申告!会計ソフトfreeeがラクで簡単