投稿

注目の投稿

副業・フリーランスカメラマンなら絶対に準備したい機材のほかの「たった1つ」の事

私は今副業でカメラマンを行っておりますが、カメラ性能も良くなって副業カメラマンの方が非常に増えているのを実感しております。

そこで機材に目が行きがちになりますが、合わせて必ず用意しておきたいものについて書かせて頂きます。


副業と言ってもアマチュアに毛が生えたようなものだから…と言って対策していないと、大変な目に合う可能性もありますのでご一読下さい。

賠償責任保険入りましたか?
撮影中にはいろいろなアクシデントに見舞われる時があります。

例えば、
・レンタルスタジオで備品を壊してしまった
・借りた機材を倒してしまって破損した
・モデルさんにケガをさせてしまった
・PCがウィルスに感染しており、情報漏洩してしまった
・提供したお弁当で食中毒が発生した

と、撮影中に事故が発生する事柄ってたくさんあるのです。

特に、スタジオ内で三脚にモノブロックを載せてて、何かの拍子で倒して壊してしまったという話は良く聞きます。
自分の機材でしたら、もう自腹であきらめるしかありませんがスタジオ備品やレンタル品を使用していると損害賠償しなければなりませんよね。

そんな時に役に立つのが賠償責任保険になります。

機材も大事ですが、私はその前に保険も準備してねと言いたいです。

ゼロ円で賠償責任保険に入れる
賠償責任保険っていくらするのだろう?
そもそも、あまり馴染みがないのでどうやって加入したら良いのだろう?
と私も最初は、戸惑いました。

という方にとっても便利なサービスのFREENANCE(フリーナンス)というものがあります。
これは保険がメインのサービスではないのですが、保険も付帯しているフリーランスと個人事業主にとって便利なサービスなのです。


ポイントは登録しても
・アカウント維持費 0円
・フリーランス特化型補償 0円
と言うところです。
※ほかにもありますが、今回の記事では保険のみについて書いております。


他社のサービスでは年会費を払った会員には無料で保険が付きますというものがあり、私は当初そちらに加入しておりましたがフリーナンスのサービスが開始されて変更を行いました。
どんな補償がされるのか?
タダで入れる保険って実際どうなの?と思いますが、コレかなり良いです。

カメラマンなら、特にこの2つですかね。
・業務遂行中の事故で最高5,000万
・受託物の事故で最高500万


もっと詳しく見ていく…

副業や個人事業主の確定申告!会計ソフトfreeeがラクで簡単

通勤を有効活用で「本を聞く!」Amazonのオーディブルは30日無料体験で退会も爆速簡単

風邪・インフルエンザ対策で携帯用クレベリンで空間除菌の効果

滑りやすい雪道でもNOTE e-Powerなら安心ドライブ!10年ぶりに北海道の凍結路を走る

空きスペースを収益化!スペースマーケットでお手軽に収益物件にできる?

Onedriveからデータが消えた!?転ばぬ先のバックアップ設定【Windows10版】

SurfacePro4の画面がチラつく!Surfaceのサポートで無償交換した話 #Surfaceアンバサダー