会社を辞めたいが言い出せない!を解決する退職代行サービス3選

転職回数がとても多い私ですが、退職は毎回切り出しにくいものです。
上司が話の理解のある人でしたら、それでも勇気を振り絞って言い出す事もできますが、常にパワハラ的な方だと我慢してしまうという方も多いのではないでしょうか?


ずるずるその場でとどまってもメリットが無いと思って退職の決意をされているとおもいますので、その場合は退職代行サービスを使って新たな人生を切りひらく事をお勧めします。

病む前に辞めろ

先にも書きましたが退職を切り出しにくいのは事実ですが、真面目な人ほど言いにくいのではないでしょうか?

いろいろ考えてしまうんですよね。
・退職希望日の何日前か?
・引継ぎはどうするか?
・そもそも会社忙しいのに、私の仕事を引き受けてくれる人いるかな?
・〇〇さんに全て頼むことになりそうで、申し訳ないな…
などなど

はっきり言って、アナタは真面目過ぎます。

そして辞められずにズルズルと言い出す日が1日伸び2日伸びとやっていて、それも辛いし仕事も今まで以上にツライ…
はっきり言って病みますね、そんな事続けていたら。

私は仕事で病んでうつ病になり通院し仕事も2か月休職した経験もありますが、そうなると非常にツライです。

身体も精神も大変ですが、医療費や休職中は給料も出ませんので資金的に非常に厳しくなります。
あと、うつと一度診断されると保険なんかも加入できなくなったりしますしね。
メリット1つもないです。

最悪ホントに言い出せずに辛くて自殺という事を考えてしまう人も居るようです。
が、仕事で自殺してしまうなんてこんな悲しい事はありません。

自分で言えないなら、退職代行サービスを使いましょう!

退職代行ってどうなの?

私は残念ながら実際に利用した事はありません。
が、最近いろいろな所で退職代行サービスの事を聞く事が多くなりました。

この記事を書いているのは年始の一般企業なら仕事始めの日ですが、数日前の記事でもありました。
「退職代行サービスの1月6日分の予約が満枠になって、人を増員して対応する予定」と書いてありました。
またほかの会社の記事では月間300件以上も対応しているとの事です。

やはり、退職代行サービスというのは世の中に認知されたサービスになってきていますね。

退職したい人だけにメリットがありそうなサービスですが、実は企業側にもメリットがあります。

それは、
・本当の退職理由がわかる
・社員に貸し出したものの返却が可能になる
・最低限の引継ぎ内容(パスワード等)

これ、本人が飛んでしまって音信不通になったら企業側も困る内容であったり、業務改善をしたいと思っている会社や部署では本心を知りたいという部分もわかりますね。

退職代行サービス3選

検索するとたくさん出てきますが、3つピックアップしました。
それぞれ特徴がありますので、自分の目で確認して選んでください。

1.男の退職代行


・LINEやメールで無料相談可能
・パート、アルバイトは19,800円~と安価
・退職代行ユニオンという合同労働組合としての権限を行使して退職へ導いてくれる


2.退職代行アルマジロ


・LINE、メールのほか電話でも問い合わせ可能
・雇用主と連絡が取れない場合は返金保証あり
・ホームページへの情報充実度が若干低い


3.退職代行コンシェルジュ


・LINEやメールで無料相談可能
・料金は若干高め(記事執筆時点ではキャンペーンで税別30,000円)
・TVで特集された実績あり


それぞれ価格も違いますし、ホームページでの記載内容も異なるので比較の上、ご自身が安心できるところでお申し込み下さい。
※当ブログでは各社の対応等についての責任は一切お受けできませんのでご了承ください。

さいごに

今までは退職代行というサービスを考えた事もありませんでしたが、このように実際に退職代行への相談が相次いでいるという所を考えると、非常に苦悩している方が多いという事です。

私もパワハラ的な会社に居た時は、退職は言い出せなかったですが部署を移動させてもらうなどしながら、だましだましやりましたが結局は退職しました。

悩んでいる時間が非常にもったいないです。
良い会社や上司に恵まれるかはガチャと同じで、開けてみないとわかりません。

なので我慢せずに、精神衛生上良い環境で延び延びと活躍できる場を探すきっかけになればと思います。


【関連記事】



最後まで読んで頂きありがとうございます。 役に立ったり気に入って頂けましたら、是非フォロー&シェアをお願いします!
フォローすると更新情報が受け取れます!